山元町で甲状腺検査

7月142018

9月82018

10月132018

本年も検査会場を山元町で甲状腺検査を開催いたします。
地元の方は勿論、仙南地域にお住いの方はどなたでも検査を受けていただけます。
検査は無料です。
ご希望の方は結の会メールアドレスまで連絡お待ちしております。予約時間等は折り返し連絡を差し上げます。
◊日時→7月14日、9月8日、10月13日の3回実施

※詳しくはこちら


watari_chou放射能から亘理を守る会
例会のお知らせ

7月72018

放射能から亘理を守る会7月定例会の開催についてお知らせです。
7月7日(土)10:00~12:00 逢隈 B&G体育館 会議室で開催いたします。

今回は亘理町内にある8000Bq/Kg以上の指定廃棄物の保管状況を町議会議員の方に同行していただいて見学に行く予定です。
一度B&G体育館 会議室に集合してから向かいます。

事前予約はいりません。ぜひお気軽にご参加ください。
※詳しくはこちら


放射能汚染廃棄物「焼却問題学習会」

4月292018

以下の日程で開催します。
2018年4月29日(日) 13時30分から15時30分。大河原駅前オーガ2Fイベントホール
※詳しくはこちら


▼下記記事「牛山元美医師 講演会 未来にむけて、今できること
―臨床医が見た原発事故後の7年-」
を「民の声新聞」の鈴木博喜さんが取材して記事にしてくださいました。参加したかったのに都合がつかなかった方にとって、読み応えのある記事になっています。是非、ご覧ください。
民の声新聞【原発事故と甲状腺ガン】福島だけの問題じゃない「低線量被曝」や「甲状腺検査」。牛山元美さんが宮城・柴田町で講演。検査に消極的な行政、試験焼却も開始


牛山元美医師 講演会
未来にむけて、今できること
―臨床医が見た原発事故後の7年-

3月172018

県境を超えて拡散された放射性物質は、私たちの暮らしを大きく変えました。あれから7年、原発事故がもたらした被害の全容は、いまだ明らかになってはいません。特に、私たちの健康にもたらす影響は、科学的に未解明なことも多く、様々な情報や意見が飛び交う中で、漠然とした不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
この7年間を通し、臨床医として福島県内外で被災者に寄り添ってこられた牛山元美医師から、活動を通して見えてきたこと、今考えていることなどについてお話をいただきます。原発事故後の健康被害の現状はどうなっているのか?福島県「県民健康調査」の結果をどう見たらよいのか?
そして私たちの地域では、今何ができるのか? 皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【日時】 201年3月17日(土)
  午前の部:10:20~12:00 講演会(10:00~開場・会議室2)
  午後の部:13:00~ 個別健康相談会(予約制・会議室1)

【場所】 柴田町 槻木生涯学習センター

【参加費】 200円
※詳しくはこちら


持って徒歩や車で移動するだけで、簡単に正確に汚染マップを作る事が出来る測定器、ホットスポットファインダーの貸し出しなどの情報は以下から。

「ホットスポットファインダープロジェクト・みやぎ」Facebookページはこちら。
「ホットスポットファインダープロジェクト・みやぎ」に関するエントリーはこちら。


脱原発みやぎ金曜デモ

女川原発再稼働するな!子供を守れ!汚染はいらない!みやぎ金曜デモ 
(略称:脱原発みやぎ金曜デモ)の今後の予定です。皆様お集まりください。

  • 2/25(日) 勾当台公園野外音楽堂 14:00集合 14:30デモ出発予定

※詳しくはこちら:外部リンク

20130629yagasaki2ホールボディーカウンター調査での被曝切り捨て(矢ヶ崎克馬氏)


予防原則

よくわからないことがあるとき、人々の健康を守るべき行政は、”影響がある”という姿勢で取り組むべきである。

—今中 哲二 氏(丸森町での講演会より


宮城県南部は福島県北部と接しています。放射能汚染に県境はありません。 放射性物質は県境で止まらないのに高い線量の汚染地域がある事や 放射能被害があることは宮城県以外にほとんど知られていません。 もしかしたら宮城県民にすら知られていないのかもしれません。 この事実を知ってください。そして、広めてください。

放射能と共に生きていかなくてはならない時代の子ども達と
皆さんの健康にこのサイトが少しでも役に立ちますように。

宮城—忘れられた被爆地

当サイトの記事は基本的に全てコメントが出来るようになっています。名前の記入は求められますがハンドルネームなど本名で無くてもかまいません。ご意見やご感想をお気軽にお書きください。講演会やイベントなどに参加された方からの報告や補足もお待ちしています。


twitterで新しい投稿をお知らせします:


このサイトは福島第一原子力発電所の爆発事故によって大量にばらまかれた放射性物質の被害から、子どもや私たちの未来と健康を守るためのサイトです。宮城県南部の各市町村で危機感を持っている人や孤立している人たちが助け合い、それぞれの活動や情報を共有して繋がることができる場になればと願っています。それぞれの地域の情報は各地域で尽力されている方々により投稿されています。宮城県はもちろんその他の地域の方にとってもこのサイトが有益と感じたならご覧いただくだけでなく、掲示板などご自由にお使いください。放射能から命を守るという同じテーマを持っている方々の参加は大歓迎です。「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」とも歩調をあわせ進んでいます。どちらの活動にも同じように参加している方々も少なくありません。宮城県全体でまとまることは大切な事です。そのためにも同じ地域の宮城県南部でまずは手を取り合っていかれればと行動しています。 放射能の被害から子どもを、家族を、自分を守りたいという方はコメントなどご自由に。各地区の活動、講演会などの情報も随時掲載していきます。宮城県南部全体の情報や活動を見ることが出来ますが自分の地域の情報をまとめてご覧になりたい場合は「地区別の投稿を見る」からご覧ください。 投稿を見るには右の「最近の投稿」のリストから、または「アーカイブ」から該当月をクリックしてご覧ください。アーカイブで月別表示の時は、エントリー内容が全文は表示されておらず抜粋表示となります。タイトルをクリックすると全文が表示されます。

 


放射能から命を守る宮城県南部の会 はコメントを受け付けていません。

コメントは停止中です。