「放射線の健康への影響」児玉龍彦氏

衆議院厚生労働委員会から 2011.7/27

衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」について
参考人: 唐木英明氏. 長瀧重信氏. 児玉龍彦氏. 今中哲二氏. 沢田昭二氏. 明石真言氏
から児玉龍彦氏の冒頭意見陳述。

児玉龍彦氏
東大先端科学技術研究センター教授(システム生物医学)でアイソトープ総合センター長も務める。福島県南相馬市で学校などの放射線量測定を続け、市に調査や除染を指導している。

測定と除染を急げ/児玉龍彦東大教授に聞く

チェルノブイリの現実を見ると、除染は万能ではなく、徒労に終わって除染を諦め放棄された土地がたくさんあることもまた事実です。
東北各地の除染活動も効果の上がっているところもありますが劇的に環境が改善した例はほとんど聞くことが出来ません。また除染の方法によっては一時的に線量が下がっても時間と共に再び上がっている例も多く報告されています。
ケースバイケースで冷静に考える事も必要かもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です