「いのち」の未来のために

>NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」の代表、野呂美加さんの講演会のお知らせです。
(参加ご希望の方は申し込みが必要です)

「チェルノブイリへのかけはし」はチェルノブイリ原発事故のあとに、被災した子供たちを夏休みに1ヶ月間、日本で保養させる活動を約20年にわたり続けてきました。

野呂さんがずっと使っている放射線探知機「たんぽぽ」と同じ機種で事前に丸森、角田を中心に仙南の何ケ所かを測定し、そのデータを見ながらアドバイスもいただく予定です。

  • 日時 7月31日(日) 9時30分~12時(9時開場)
  • 会場 館矢間(たてやま)まちづくりセンター

    丸森町館矢間館山大門148-1

    阿武隈急行丸森駅徒歩12分 駐車場あり

  • 参加費 500円
    (必要経費以外はチェルノブイリへのかけはしの活動費に寄附させていただきます)
  • 定員 200名
    (会場は前半分が板の間です。必要な方は座布団をお持ちください。冷房はありません。扇風機はあります)
  • お申し込み 北村みどり(丸森かたくり農園)
    TEL&FAX0224-78-1916
    katasato@khaki.plala.or.jp

    準備の都合上、必ずお申し込みください。

☆託児はありませんが、お子さんと一緒に休めるような休憩室は用意してあります。

☆主催 野呂美加さんお話会実行委員会

チラシのファイルはここからダウンロードできます。お近くの方に回してください。


大きな地図で見る

◆◆関連があるかもしれない投稿


カテゴリー: 日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください