水道水の放射能検査結果

 

■放射性ストロンチウム(Sr90,Sr89合計)

 

柴田町の水道水(七ヶ宿/南部山浄水場100%)  2012/2/12

検査結果 不検出 (検出下限値 0.03Bq/Kg) 検査機関/同位体研究所

 

角田市隈東地区の水道水(阿武隈川80%:七ヶ宿/南部山浄水場20%) 2012/2/12

検査結果 不検出 (検出下限値 0.03Bq/Kg) 検査機関/同位体研究所

 

■放射性セシウム(Cs134,Cs137合計)

 

柴田町の水道水(七ヶ宿/南部山浄水場100%) 2012/2/3

検査結果 不検出 (定量下限値 Cs134/0.4、Cs137/0.5Bq/Kg) 検査機関/同位体研究所

 

亘理町逢隈地区の水道水(阿武隈川100%) 2012/1/31

検査結果 不検出 (検出下限値Cs134,Cs137 0.2Bq/Kg) 検査機関/フランスACRO

 

岩沼市の水道水(七ヶ宿/南部山浄水場70%:阿武隈川30%) 2012/1/31

検査結果 不検出 (検出下限値Cs134,Cs137 0.1Bq/Kg) 検査機関/フランスACRO

 

角田市隈東地区の水道水(阿武隈川80%:七ヶ宿/南部山浄水場20%) 2012/1/31

検査結果 不検出 (検出下限値 Cs134/0.2、Cs137/0.4Bq/Kg) 検査機関/フランスACRO

 

 

■放射性セシウム精密検査 

 

角田市隈東地区の水道水(阿武隈川80%:七ヶ宿/南部山浄水場20%) 2012/3/5

検査結果 Cs134 0.07Bq (測定定量限界0.04)、Cs137 0.10Bq (測定定量限界0.03)

Cs134,Cs137合計 0.17Bq/Kg  検査機関/同位体研究所

 

※定量下限値の低い精密検査をすると微量のセシウムが検出されるようです。今後、供給量の多い南部山浄水場のセシウム精密検査を実施する予定でいます。

※定量下限値について

 

※柴田町の水道水検査は「柴田こどもの健康を守るネットワーク」の皆さんにより行われました。フランスACROの検査は「福島老朽原発を考える会」、「ACRO」のご協力により行われました。放射性ストロンチウム、放射性セシウム精密検査は「ガイガーカウンタープロジェクト」 に寄せられた寄付金により行われました。感謝申し上げます。

 

 

 

◆◆関連があるかもしれない投稿


カテゴリー: 日々 パーマリンク

水道水の放射能検査結果 への2件のフィードバック

  1. コウイチ サトウ のコメント:

    宮城県知事選が近いですが、現知事には落胆させられました。

    ①事故後、宮城県の食物は安全ですと、調べもしないで宣言した。
    ②丸森・筆甫地区が福島と同じレベルなのに、復興庁に援助させなかった。
    ③各地方での食品検査を十分にせず、風評被害にばかり躍起になり、住民の健康を重視しなかった。

    以上、メンツにばかるこだわる県知事です。こんな人はやめてもらいたい。

    • 管理人 のコメント:

      ご指摘の通りだと思います。

      放射能が県境で止まるはずはないのに、福島県と宮城県でこれほど対策や援助に差が出たことへの現知事の責任は少なくないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です