県南4市9町の団体・個人が参加し「放射能汚 染廃棄物の焼却を考える県南の会」を結成!

大河原町放射能問題連絡協議会
通信 NO、45   2017年3月11日  発行 長谷川進

県南4市9町の団体・個人が参加し「放射能汚染廃棄物の焼却を考える県南の会」を結成!
 去る2月4日(土)大河原駅前オーガ2Fイベントホールにおいて、「放射能汚染廃棄物の焼却を考える県南の会」の結成総会が開催されました。
総会には、名取市、岩沼市、角田市、白石市、亘理町、山元町、丸森町、七ヶ宿町、蔵王町、川崎町、村田町、柴田町、大河原町の4市9町から84名の方々が参加し、熱心な議論の末に「県南の会」の結成と当面する会の方針及び役員の選任を全会一致承認しました。総会で選任された役員は、以下の通りです。よろしくお願いいたします。
 会 長  長谷川 進 (大河原町放射能問題連絡協議会代表)
 副会長  池田 匡優 (放射能から角田を守る会代表)
 副会長  小川 栄造 (放射能から岩沼を守る会代表)
 連絡係  各市町並びに各団体から1名
尚、総会終了後、中嶋廉氏(宮城県会議員)を講師とする学習会を開催し、「県内一斉焼却」とバグフィルターの問題点、反対運動を行うことの意義と必要性等を学びました。

放射能汚染廃棄物の県内一斉焼却に反対する署名活動に皆様の絶大なるご協力をお願いします。
「県南の会」結成の目的は、村井知事が昨年11月3日の市町村長会議において県内保有の放射能汚染廃棄物3万6千トン(8000ベクレル/キログラム以下)を県内で「一斉に焼却」(一般廃棄物と混焼)する方針を提案したことに対し、放射能汚染廃棄物の焼却によるセシウムの拡散とそのことによる内部被ばく(肺呼吸によるセシウムの体内取り込みに起因)のリスクから子どもと住民を守ることにあります。そのため、「県南の会」は、当面、以下の行動を行います。

  1. 「県内一斉焼却」に反対するため、村井知事宛ての署名活動を県南の4市9町で行う。(4月末締め切り、5月連休後に県に提出)
  2. 仙南地域広域行政事務組合並びに亘理名取共立衛生処理組合に対し、放射能汚染廃棄物の焼却に反対するための「申し入れ書」を提出する。
    ※仙南地域広域行政事務組合に対しては、3月下旬に「申し入れ書」を提出し、4月中旬頃の回答日に意見交換会か説明会の開催を要請します。したがって、意見交換会か説明会には、ぜひ、多数の方々のご参加をお願いします。詳細は、後日、改めてお知らせいたします。
  3. 各市町に対して「県内一斉焼却」に反対するための「申し入れ書」提出を目標に取り組む。したがいまして、皆様方の絶大なるご協力をお願いいたします。
    尚、署名要領は、以下の通りです。
    1. 締め切りは、4月30日です。(5月の連休明けには、県に対して提出する予定)
    2. 署名を終え回収した署名用紙は、お手数でも長谷川までお届け下さいますようお願いいたします。
    3. 署名は、大河原町内の方及び町外(県内)の方を対象にお願いします。
  4. 氏名は、フルネームで、住所は、「大河原町○○町○○番地」まで記入方お願いします。また、署名を依頼する際、苗字や住所欄に「〃」を使用しないようお願いしてください。

(連絡先)〒989-1201 大河原町大谷字見城前57-22  
長谷川 進   電 話・FAX 0224-53-4734
携 帯 080-1801-7219
メール ogawara_hoshano@yahoo.co.jp

「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する宮城県民連絡会」結成総会に参加しよう!
 去る2月4日に「放射能汚染廃棄物の焼却を考える県南の会」が結成されたことで、県北、仙台、県南における「県内一斉焼却」に反対する運動の主体が揃ったことになり、これを受けて上記結成総会が開催されることになりました。
この結成総会には、賛同者であればどなたでも参加できますので、参加希望者は、ぜひ、上記連絡先にご連絡ください。
 日 時  4月2日(日)13時30分~16時
 場 所  仙台市弁護士会館(仙台市青葉区一番町2丁目9-18 022-223-1001

◆◆関連があるかもしれない投稿


カテゴリー: 日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です