牛山元美医師 講演会 「未来にむけて、今できること ―臨床医が見た原発事故後の7年-」

牛山元美医師 講演会
「未来にむけて、今できること ―臨床医が見た原発事故後の7年-」

県境を超えて拡散された放射性物質は、私たちの暮らしを大きく変えました。あれから7年、原発事故がもたらした被害の全容は、いまだ明らかになってはいません。特に、私たちの健康にもたらす影響は、科学的に未解明なことも多く、様々な情報や意見が飛び交う中で、漠然とした不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?
この7年間を通し、臨床医として福島県内外で被災者に寄り添ってこられた牛山元美医師から、活動を通して見えてきたこと、今考えていることなどについてお話をいただきます。原発事故後の健康被害の現状はどうなっているのか?福島県「県民健康調査」の結果をどう見たらよいのか?
そして私たちの地域では、今何ができるのか? 皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

【日時】 201年3月17日(土)
  午前の部:10:20~12:00 講演会(10:00~開場・会議室2)
  午後の部:13:00~ 個別健康相談会(予約制・会議室1)

【場所】 柴田町 槻木生涯学習センター

【参加費】 200円


※クリックで拡大します

pdfファイルはこちら(205KB)
牛山先生講演会

◆◆関連があるかもしれない投稿


カテゴリー: 日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください