本焼却に反対し中止を求めます

仙南地域広域行政事務組合3F研修室において、本焼却強行に対する抗議行動を行いました。
以下はその際の抗議文です。
仙南地域広域行政事務組合で13:00~13:30分に抗議を行い、その後、仙南クリーンセンター搬入口前で横断幕やプラカードを掲げ、シュプレヒコールで抗議しました。さらに、仙南最終処分場に移動し、同様の抗議行動行いました。

2019年5月15日
仙南地域広域行政事務組合
理事長 滝口 茂 殿

           放射能汚染廃棄物の「一斉焼却」に反対する宮城県民連絡会
代表 中嶋  信
放射能汚染廃棄物の焼却に反対する仙南の会
会長 長谷川 進

私たちは、5月15日からの本焼却に反対し中止を求めます
組合は、放射能汚染廃棄物(8000㏃/㎏以下)の焼却に対し多くの住民が健康被害を
懸念し反対する中、住民との話し合いや合意形成を図ることなく、昨年3月~11月に
試験焼却を実施しました。
そして、今回、組合は、本焼却になれば、試験焼却時の10倍の量にあたる1日最大
10トンの放射能汚染廃棄物が燃やされ、健康被害を受けるリスクが更に増大するのではないかという住民の不安と憤りを無視し5月15日から本焼却を強行しました。
しかし、このような組合のやり方は、住民の健康をないがしろにし、住民の反対を無視・蹂躙するものであり、断じて認められません。
その理由の第1は、組合は、住民の健康を第一義的に考え、行政にあたるべきであるにもかかわらず、それが実行されていない事です。
住民は、放射能汚染廃棄物(8000㏃/㎏以下)の焼却によって、排ガス中の放射性セ
シウムが拡散する虞がある場合、子どもや住民がそれを呼吸して内部被曝し、晩発性放射線障害発症等のリスクに晒されることを懸念し心配するのは当然のことです。
そのため、組合は、地方自治法の「住民の福祉の増進」に基づき、住民の健康を第一義的に考え、保証する立場から焼却問題を取り組み遂行すべきなのです。
また、放射能汚染廃棄物の焼却により健康被害が懸念されるような事案については、
憲法第92条の「自治の本旨」に基づき、住民との十分な話し合いを行い、住民との合意を得ながらこの問題に取り組み進めるべきなのです。にもかかわらず、現状は、これらが無視されており、直ちに改められるべきです。
第2は、組合は、「安全に焼却できる」ことを社会に約束した以上、焼却に関わる諸問題について説明責任を果たすべきなのに、それが実行されていない事です。
住民は、仙南クリーンセンターのバグフィルターは、本当にセシウムを99.9%除去できるのか。本当に安全なのか。排ガスで健康が害されることはないのか等の疑問と心配をしておりますが、組合は、未だにこれを実証せず、説明もしておりません。
また、原子力規制委員会のデータを分析した結果、仙南クリーンセンター周辺のモニ
タリングポストの放射線量率が増加傾向にあることが判明しました。これは、仙南クリーンセンターのバグフィルターからセシウム等が漏出していることと密接に関係する問題であるにもかかわらず、組合及び環境省は、これ無視し説明しておりません。
更に、7.200トンの放射能汚染廃棄物の焼却で発生した焼却灰が、集中的に運ばれ埋め立てられる仙南最終処分場周辺住民の健康被害が懸念されますが、組合は、これらの疑問や心配に対し、納得出来る説明を未だにしておりません。
当会は、上記を含む「試験焼却」時の様々な問題点を明らかにし、4月24日、組合
に対して「放射能汚染廃棄物の本焼却中止を求める申し入れ」を行い、本焼却前の回答を求めましたが、未だに応えておりません。
これらは、「安全に焼却できる」ことを社会に約束した自らの説明責任を放棄するものあり、到底容認できません。このような組合の姿勢は、直ちに改めるべきです。
第3は、組合は、放射能汚染廃棄物の処理は「隔離保管」が原則であるにもかかわらず、放射能汚染廃棄物をわざわざ燃やし、セシウム等の放射性物質を環境中にばらまき、2度と回収することが不可能な最悪の方法を選択し、健康被害の原因をつくっていることです。
稲わらや牧草、ほだ木等に固定されている放射性セシウムは、高温で焼いても、埋め立てても無くならず、減ることもありません。そのため、そのまま隔離保管する方が、拡散を防止し健康被害や環境汚染を防げます。
にもかかわらず、貴組合は、放射能汚染廃棄物をわざわざ燃やして放射性セシウムを環境中にばらまき、2度と回収することが不可能な最悪の方法を選択しており、絶対に認められません。
以上のように、今回の本焼却は、住民の健康を害し、生活を脅かすものであり、かつ住民の反対を無視して決定されたものであり到底容認できません。
したがって、当会は、今回の本焼却の強行に対して満腔の怒りをもって抗議し、子どもや住民の健康を守る立場から本焼却を直ちに中止することを求めます。
以上

◆◆関連があるかもしれない投稿


カテゴリー: 日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください